キビタキ

昨日まで気配も無かったキビタキが、今日はあちこちで囀って
いました。カメラマンの情報と合わせると、少なくとも3個体、
たぶん♂だけで5個体以上入ったようです。団体で渡ってきた
ところなのでしょう。
一方でビンズイが2羽いました。こちらは帰る途中のようです。   (新井)
 人気の夏鳥です
sP1050444.jpg こちらは漂鳥のビンズイ

仙元山の蝶

花壇のシバザクラでキアゲハが蜜を吸っていました。小振りな春型
です。キチョウは秋に羽化して成虫で越冬した秋型で、黒い模様が
ほとんどありません。他にもいろんなチョウが飛んでいますが、なか
なか止まってくれずイライラしました。撮れたやつだけ載せます。   (新井)
 アゲハとの違いわかりますか?
sP1050284.jpg キチョウ
sP1050272.jpg モンシロチョウ
sP1050243.jpg スジグロシロチョウ♂
sP1050264.jpg スジグロシロチョウ♀
sP1050422.jpg コミスジ






夏鳥来ました

Tさんが上を見上げてキョロキョロしていたので、「何がいました?」
と聞いたら、「センダイムシクイが鳴いた」とのことでした。
尾根道に上がっていくと、なるほど聞こえました。葉が出てきたコナラ
の中で鳴いています。チョロチョロと動くのでなかなかファインダーに
入らず往生しましたが何とか撮れました。
夏鳥はツバメに続いての到来です。まもなくキビタキ、オオルリも立ち
寄ってくれるでしょう。楽しみです。                       (新井)
 今季初認です
sP1050373.jpg チョッチョ、ビーと鳴きます
sP1050347.jpg ルリタテハが休んでいました

 

春の花

いろんな花が一斉に咲き始めました。今日は一挙掲載します。
掲載にあたって調べる中で、いくつか新しいことを知りました。
ヤマブキとシロヤマブキは別種であること。ヒメオドリコソウはヨーロッパ
原産の外来種であること。春の七草のホトケノザは実は黄色い花の咲く
コオニタビラコであること。ムラサキハナナ(諸葛菜、花ダイコン)の正式
名はオオアラセイトウということなどです。勉強になります(だから何だ!)。
花壇ではチューリップが咲き揃い、ビオラも元気になりました。         (新井)
 ヤマブキ
sP1050157.jpg シロヤマブキ
sP1050164.jpg コスミレ
sP1050095.jpg スミレ(ホンスミレ)
sP1050076.jpg アメリカスミレサイシン(プリケアナ)
sP1050215.jpg ヒメオドリコソウ
sP1050200.jpg ホトケノザ
sP1050176.jpg オオイヌノフグリ
sP1050203.jpg タンポポ(西洋タンポポ)
sP1050068.jpg シロバナタンポポ
sP1050161.jpg オオアラセイトウ
sP1050056.jpg クサイチゴ
sP1050205.jpg ハナニラ
sP1050190.jpg シャガ
sP1050172.jpg ミツバツツジ
sP1050195.jpg クヌギ
sP1050024.jpg ニワトコ
sP1050168.jpg チューリップ
sP1050165.jpg ビオラ


















次は八重桜の出番です

階段下の八重桜が見頃になりました。桜はすぐに散ってしまうので、
急いでアップします。小出しにできればよいのですがね・・・・。
                                        (新井)
 ボリュームがあって豪華です
sP1050146.jpg 品種は「関山」です
sP1050118.jpg タンポポにベニシジミが


プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR