FC2ブログ

オトギリソウ

去年と同じところで、オトギリソウが咲きました。
2、3日前から咲いていたようですが、酷暑のために朝のうちに萎
んでしまい、涼しかった昨朝やっと見られました。
古くから生薬、傷薬として用いられた薬草で、現代でもオトギリソウ
茶として飲む人がいるようです。ちなみに、30包入りティーパック
が2770円で購入可能(Amazon)ですので、お試しください。
平安の昔、鷹匠の兄弟が、この草を原料とする秘薬で鷹の傷を
治していたのですが、弟がその秘密を他の鷹匠に漏らしてしまい、
激怒した兄が弟を切り殺してしまったとの伝説が「弟切草」の名前
の由来と言われています。花弁や葉にある黒い点々は、その時
飛び散った血しぶきの跡だそうです。
                                         (新井)
 午後には萎んでしまいます
sP1070562_201807271504153ae.jpg 多数の黒点が見えます

お食事処

花壇横のクヌギには樹液を目当てに色々な昆虫が集まります。
先週のモンスズメバチも、Tさんがブログに載せたオオキノコムシも
ここで撮ったものですが、今日はノコギリクワガタが来ていました。
虫篭を持った子がいたら教えてあげようと思いましたが、この猛暑で
外出は控えているのか見当たらず、そのうちいなくなっていました。
他にはカナブン、アカボシゴマダラ、ゴマダラチョウがいました。
                                           (新井)
 クワガタはちょっと威張っています
sP1070538.jpg 上がゴマダラチョウ

暑くなって蜂の活動が活発になったようで、いろいろな蜂が見られます。
前々回のクマバチに続いて、いくつかの蜂を撮りました。
さてアップしようと図鑑を見たら、似たようなのばかりでどれがどれやら。
図鑑の絵は翅を広げたのばかりですが「そもそもそんな止まり方しませ
んから」と突っ込みたくなります。
日本の蜂は4500種ほどもいるようで、えらい所に首を突っ込んでしま
ったようです。
ネットの画像をいやというほど眺めて、同定しました。多分これでいいだ
ろうと思いますが、疑問のある方は、ご自分で・・・・・・いないよね。
                                             (新井)
 モンスズメバチ
sP1070395.jpg トックリバチ
sP1070398.jpg ハラアカハキリヤドリ
sP1070465.jpg オオカバフスジドロバチ
sP1070486.jpg ムラサキウスアメバチ
sP1070452.jpg クロアナバチ





ハエドクソウ

あちこちにハエドクソウが咲いています。
5mm程の小さな花をまばらに付ける地味な野草で、大抵の人は
見過ごしているでしょうが、拡大してみるとなかなか綺麗な花です。
恐ろしげな名前の由来は、全草に毒があり、古来蝿取り紙やウジ
殺しに使われた為だそうです。
ここまでは皆さん書いているのですが、いつ頃、どうやって、となる
と、はっきりしません。蝿取り紙のイメージから、煮詰めてネバネバ
したものを作ると思っている人もいました。
しつこく調べていると、「ハエドクソウの殺虫性に関する研究」という
1951年の文献をみつけました。このなかに「ハエドクソウをハエ類
の駆除に用いている地方は、現在もかなりある」とあります。
根の部分の毒性が強く、これを潰してご飯に練り込み、紙に塗り付け
て使ったようです。 どうでもいい? まあ蝿取り紙を知らない人の方
が多くなったようですからね。というか、孫はハエを知りませんでした。
                                            (新井)
 本当に目立たない花です
sP1070301.jpg ガクが紫で形も綺麗です

昆虫

この季節の仙元山ネタといえば、花と昆虫頼みになります。
神社の石段脇のアジサイでクマバチ(キムネクマバチ)が食事して
おり、すぐ隣にカミキリムシの仲間がいたので、今日は昆虫を探す
ことにしました。カミキリムシはアカハナカミキリでした。
花壇でチョウを追いましたが、止まらないのでイライラして諦めて、
代わりにコスモスにいたクモを撮りました。私の図鑑で一番近いの
はアシナガグモですが、クモは種類が多く、よくわかりません。
広場にはたくさんのマメコガネがいて、交尾をしているペアも多く、
大豆やブドウの害虫とのことなので、大発生に繋がらなければ
よいのですが。
                                         (新井)
sP1070208.jpg 頭とお腹が真っ黒
sP1070212.jpg 「赤鼻」でなく「赤花」です
sP1070227.jpg 多分アシナガグモ
sP1070242.jpg お尻や脇腹の白い毛が特徴 



プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR