カタバミ3種

Tさんが黄色とピンクのカタバミがあると教えてくれました。
その後花壇近くで白いのも見つけて、撮影しました。
ピンクはムラサキカタバミ、白はミヤマカタバミとすぐ判別できま
したが、黄色は、茎が上に伸びているので、亜種タチカタバミか、
外来種のオッタチカタバミ(凄いネーミングですね)なのか、カタ
バミが徒長しているだけなのか、悩みました。
茎が細く、毛が少ない。茎や葉の緑が濃い。直根である。茎の下
部に赤味がある。などの特徴から、タチカタバミと判定しました。    (新井)
 たぶんタチカタバミ
sP1220461.jpg ムラサキカタバミ
sP1220455.jpg ミヤマカタバミ


ガマズミ

いつも車を留める場所の横に白い花が咲いていました。
ここにもコアジサイが?と思いましたが、丈が高いし、葉の形
が違います。匂いも青臭いような栗の花と似た匂いです。
ミズキはもう終わったし、似た花が思い浮かびません。
写真を撮って帰って、あれこれ調べて・・・・ガマズミでした。  (新井)
 秋には赤い実をつけます。  
sP1220415.jpg 丸っこい5弁の花で、雄しべも5本
sP1220421.jpg ダイミョウセセリが休憩中

コアジサイ

「ヤマアジサイが咲いている」と教えて貰って、写真を撮って帰りました。
調べてみると、コアジサイでした。周りに装飾花が無いのと、葉の鋸歯
が粗いのが特徴だそうです。良い香りがするとのことなので、明日嗅い
で見ようと思っています。
ここ数日ツミの声が聞こえません。日曜日に、♂が獲物を掴んで♀を
呼んでいるのに、いっこうに♀が寄って来ないのを見て心配していまし
た。振られたんでしょう (T-T)                         (新井)
 ごく薄いブルーです
sP1220402.jpg よく見ると繊細で綺麗です

なんじゃもんじゃ

神社の階段横のヒトツバタゴが満開でした。「なんじゃもんじゃ」と書いた
札が付けてあります。昔の人が「なんじゃこれは!」「なんてもんじゃ?」
と驚くような巨木、珍木が「なんじゃもんじゃ」と呼ばれ、ヒトツバタゴが
多かったためヒトツバタゴの別名と思われていますが、各地のなんじゃ
もんじゃはニレ、クスノキ、ボダイジュ、イヌザクラ、クロガネモチなど様々
なんだそうです。
花壇ではジャーマンアイリスが盛りを過ぎ、アヤメが見頃です。    (新井)
 まだ高さ2.5m程ですが
sP1220235.jpg 細い4弁の花です
sP1220267.jpg 写真だとちょっとグチャグチャですが
sP1220269.jpg 実物は豪華で綺麗です
sP1220278.jpg アヤメも見事です



オオルリ

黒っぽい鳥が枯れ枝に止まりました。キビタキと並ぶ夏鳥のスター、
オオルリです。仙元山は繁殖地ではないので、あまり囀らないため、
見つけにくいのですが、ラッキーでした。
丸山の道端にギンランが咲いていました。              (新井)
 綺麗な♂成鳥です
sP1220019.jpg こちらは地味な♀ (4/28撮影)
sP1220215.jpg ギンラン2株
プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR