FC2ブログ

キビタキ

数日前から目撃情報があったキビタキが、神社の階段横で盛んに
囀っていて、やっと撮ることができました。春の渡り真っ盛りです。
花火みたいな形の花が目につきました。家で調べるとタチシオデ
でした。秋田ではヒデコと呼ばれる山菜だそうです。秋田育ちの妻
に聞くと「シュンテコ」だと言います。ヒデコ→シデコ→シンデコ→
シュンテコとどんどん訛っていく過程が想像できますが、秋田の
標準語からも外れたど田舎育ちなんですね。            (新井)

 今季初認です
sP1220074.jpg コサメビタキも来ました
sP1220010.jpg タチシオデの花

ツミ

いつもネタ探しに苦労しているのに、ここのところ次々とネタ
が出てきて忙しいです。ストックしておいて小出しにすればよ
いのですが、季節物なのでそうもいきません。
時々声が聞こえていたツミに、昨日やっと出会いました。♀で
したが、♂もいるとのことなので、カップルができることでしょう。
今年こそベイビーが誕生しますように。
キンランが咲いています。毎年すぐに盗られてしまいます。
持ち帰っても咲かないと思うのですが。プンプン!         (新井)
sP1210984.jpg 目の黄色い♀です
sP1210970.jpg 目立つところに咲くんですよねぇ
sP1210963.jpg カケスの鳴きまねに騙されます



またまたスミレ

自然観察をしている女性とスミレの話になり、スミレ(ホンスミレ)
があると教えていただいた。何株かの写真を撮って帰ってよく見
ると2種類のスミレでした。
スミレ⑤は葉が細く光沢があり、葉柄に翼がある。側弁に毛があ
る。などの特徴からスミレに間違いありません。
スミレ⑥は葉の幅が広く、葉柄・花柄に細かい毛が生えています。
ノジスミレでしょう。側弁は無毛のはずですが、翌日確認しようと
したら無くなっていました。持ち去られたようです。プンプン!     (新井)
 スミレ⑤=スミレ(ホンスミレ)
sP1210930.jpg スミレ⑥=ノジスミレ
sP1210935.jpg フデリンドウが咲き始めました
sP1210951.jpg ヒメリュウキンカの大きな株が

オオタカ

今日も夏鳥を探しましたが、見つかりません。
18日にオオルリ、センダイムシクイを見つけたのですが
カメラを忘れて撮れず、その後はキビタキを見たとの話
ばかりでずっと会えていません。
花などを撮っていたら、目の前を鳥が横切りました。オオ
タカでした。枝に止まったのですが、すぐに飛んだので、
1枚しか撮れず、暗くて良く写りませんでした。
数日前に2羽いるのを見ているので、もしかしたらペアが
できるかもしれません。もし雛が生まれたら2003年以来
ここでは14年ぶりですが・・・・。                 (新井)
 ちょうど目のところに影が (T-T)
sP1210904.jpg ウワミズザクラが満開です
sP1210913.jpg サクラらしくない花ですが
sP1210932.jpg コミスジも飛び始めました



まだまだトラツグミ

花持ちの良かった今年の桜も散り始めましたが、まだ
トラツグミがいました。早く山に帰って婚活をしないと
あぶれるよと心配になります。若者の結婚願望が希薄
になったと問題視されていますが、鳥の世界も?       (新井)
 もう見飽きたなんて言わないで
sP1210753.jpg ヒメリュウキンカが咲きました

スミレ④

北側の路で、また違うスミレを見つけました。濃い青紫の花
で側弁に毛があります。ん?、何か記憶があります。一昨年
の春にアップした外来種のパピリオナケアでした。
改めて調べてみると、和名をスミレサイシンといい、花色は
いくつかあるそうです。ここでまた、ん?、一昨日「ツボスミレ?」
としたスミレ③は花色以外これとそっくりです。同じスミレサイシン
のプリケアナという品種のようです。すっきりしました。         (新井)
 スミレ④=パピリオナケアです
sP1210737.jpg 側弁の毛が目立ちます
sP1210740.jpg クサイチゴが咲き始めました

スミレ③

先日のとは違う種のスミレを見つけました。スミレ①より
少し、神社の階段寄りです。
花は紫色の筋が目立ち、側弁の付け根に毛があり、距
は短くて丸い。葉は丸っこいハート形で毛はない。など
の特徴からツボスミレ(ニョイスミレ)と判定しましたが、
図鑑の記述に比べ、花が青すぎる、花期が早すぎるよう
に思われ、自信なしです。スミレは難しい ( >-< )/   (新井)
 スミレ③ ツボスミレ? 
sP1210729.jpg 葉の比較。左からスミレ①、②、③
sP1210731.jpg 桜が見頃になりました

ヒメカンスゲ

冬でも枯れないスゲで「寒菅」。小型の種なので「姫寒菅」です。
あちこちに生えていますが、地味な雑草なので写真を撮る気も
なかったのですが、たまたまよく咲いている株が眼に留まり、撮
影しました。
先端が雄花で、茎の途中にいくつか付いているのが雌花です。
この花の付き方はトウモロコシと同じだそうで、なるほどそうですね。   (新井)
 花が密に咲いている株です
sP1210638.jpg 先端が雄花、茎の途中が雌花
sP1210668.jpg 開花前はこんなです


プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR