FC2ブログ

行く鳥来る鳥

冬鳥が少ないと嘆いているうちに、春の渡りの季節になりました。
先週コマドリとオオルリの囀りを聞いたのを皮切りに、今日はこの冬
一度しか見なかったアトリの小群、当地今季初認のクロジ、ビンズイ
そしてやって来たばかりのセンダイムシクイに出会いました。
キビタキも鳴いていたようで、しばらくの間上ばかり見ながら歩くこと
になりそうです。
                                          (新井)
 夏羽のアトリ
sP1100400.jpg クロジはピントが・・・・(T-T)
sP1050368_20190422212730cd5.jpg センダイムシクイは
                                よく囀っていました

吸蜜

満開のソメイヨシノでヒヨドリが蜜を吸っていました。
ヒヨドリやメジロは細く長い嘴を花に差し込んで蜜を舐めますが、スズメ
は花を付け根から食いちぎって甘い部分を齧ります。
その場面も撮りたかったのですが、仙元山には元々スズメは少ないの
で、食痕は落ちているのですが、写真は撮れませんでした。
というわけで、スズメの写真は鴻巣の河津桜とニュウナイスズメです。
                                             (新井)
 
 もう夢中です
sP1100211.jpg 嘴が花粉でまっ黄色に
sP1100151.jpg スズメの食痕
sP1170754.jpg 河津桜とニュウナイスズメ
sP1100290.jpg ルリタテハも吸蜜中
 



シメ

1週間程前から、竹林の下の方で10数羽のシメの群れが採餌して
います。群れでいるから渡りの途中と思われるのですが、同じ群れ
なのか、次々と移動しているのか定かではありません。
シメは繁殖期になると、ピンクだった嘴が婚姻色の鉛色に変わります。
このシメももうすっかり鉛色になっていて、繫殖地へ急ぎます。
                                           (新井)
 花壇の横で採餌
sP1100260.jpg 嘴はすっかり鉛色
sP1090762_20190404140121885.jpg 2月25日撮影のシメ


オオタカ

突然頭上で「キャッ!キャッ!」と大きな声。 「アカゲラ?」と
思って探すと、松の樹上にオオタカが止まっていました。
仙元山では久し振りの出会いです。
2羽いるとの情報もあるので、営巣してくれると良いのですが。
                                         (新井)                               
sP1090907.jpg お腹の白い成鳥です
 真下なので顔がよく見えない

ジョウビタキ

今年になってから仙元山では♀しか現れなかったジョウビタキですが、
昌福寺の塀の上に♂が止まっていました。代表的な冬鳥のひとつです
が、今季は他の鳥同様数が少ないようです。
頭の白を能の「尉」の白髪に見立てて、漢字では「尉鶲」と書きます。
                                           (新井)
 しばらくじっとしていました
sP1090759.jpg もう1枚パチリ
sP1090762.jpg シメもいました
 
プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR