FC2ブログ

カメムシ

9月頃、Tさんが「この虫は何だろう?」と仙元山で撮った昆虫の写真
を送ってきました。 その時は調べても判らず、不明のままでしたが、
一昨日、別の場所で同じ虫を見つけました。これは何としても正体を
突き止めなくてはと、ネットの画像をしらみつぶしに探して、遂にたど
り着きました。アカスジキンカメムシの幼虫でした。成虫は似ても似つ
かない色と形をしているので、成虫しか載っていない図鑑では判るは
ずがありません。 カメムシは成虫になるまでに5回脱皮を繰り返し、
姿が変わるのだそうです。 ネットから借用した成虫の写真と、一昨日
同じ場所で撮った、キバラヘリカメムシの写真を一緒にアップします。
                                           (新井)
アカスジキンカメムシ幼虫 アカスジキンカメムシ幼虫
256131146_624[1] アカスジキンカメムシ成虫
キバラヘリカメムシ幼虫 キバラヘリカメムシ幼虫
キバラヘリカメムシ成虫 キバラヘリカメムシ成虫

ハキダメギク

山裾の休耕畑一面に5mm程の小さな白い花が咲いています。
Nさんに「タカサブロウだ」と教えてしまいましたが、花の形が違います。
ハキダメギクでした。アメリカ原産の外来種で、大正時代に牧野富太郎
博士が掃き溜めで発見したのでこう命名されたとのことです。
よく見れば可愛い花なのに、不運としか言いようがないですね。
                                            (新井)
 花期が長く、群生しています
sP1080392.jpg 3裂した舌状花が5枚
sP1070945.jpg タカサブロウはこちらでした 

かたつむり

かたつむりがいました。ミスジマイマイのようです。
仙元山でカタツムリを見るのは何年ぶりでしょうか、思い出せない
くらい久しぶりです。昔はあちこちで見られたものですが・・・。
小学生の孫は知っているのかと聞いてみたら、見たことはあるとの
ことでした。「でんでんむしむしかたつむり~」の歌も、今でも音楽の
教科書に載っているそうです。ちょっと安心しました。
                                          (新井)
 筋は1本だけですが

白花ルコウソウ?

マルバルコウと一緒の場所に、よく似た白い花が咲いていました。
ルコウソウには白花もあると聞いていたので、これがそうなのかと
思いましたが、よく見ると花の形が違います。葉の形もそっくりなの
ですが外来種のマメアサガオだと分かりました。
                                         (新井)
 花の先が尖っています
sP1080147.jpg 横から見ると歴然です

トンボ

トンボが増えてきました。そろそろアキアカネが下りて来たかと思い
ましたが、ウスバキトンボでした。 赤とんぼの代表のアキアカネで
すが、近年激減していて絶滅が心配されているそうです。
交尾中のシオカラトンボを撮ったら、後ろが♀だったので意外でした。
ずっと、♀の交接器が腹の付け根にあって、後ろから交接器を差し
込んでいるのが♂だと思い込んでいました。
                                           (新井)
sP1070984.jpg ウスバキトンボ
sP1070727.jpg ノシメトンボ
sP1070694_2018090815123398e.jpg シオカラトンボ♂
sP1070661_20180908151231fc7.jpg シオカラトンボ♀
sP1070877.jpg 交尾中のシオカラトンボ



プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR