ハエドクソウ

あちこちにハエドクソウが咲いています。
5mm程の小さな花をまばらに付ける地味な野草で、大抵の人は
見過ごしているでしょうが、拡大してみるとなかなか綺麗な花です。
恐ろしげな名前の由来は、全草に毒があり、古来蝿取り紙やウジ
殺しに使われた為だそうです。
ここまでは皆さん書いているのですが、いつ頃、どうやって、となる
と、はっきりしません。蝿取り紙のイメージから、煮詰めてネバネバ
したものを作ると思っている人もいました。
しつこく調べていると、「ハエドクソウの殺虫性に関する研究」という
1951年の文献をみつけました。このなかに「ハエドクソウをハエ類
の駆除に用いている地方は、現在もかなりある」とあります。
根の部分の毒性が強く、これを潰してご飯に練り込み、紙に塗り付け
て使ったようです。 どうでもいい? まあ蝿取り紙を知らない人の方
が多くなったようですからね。というか、孫はハエを知りませんでした。
                                            (新井)
 本当に目立たない花です
sP1070301.jpg ガクが紫で形も綺麗です

ドクダミ

あちこちでドクダミの花が咲いています。白い花弁に見えるところは
総苞片(蕾を包む葉)で、黄色い部分が小さい花の集まりです。
ドクダミは、葉や花の持つ殺菌作用、解毒作用から、昔から民間薬
として利用されてきました。乾燥した葉をどくだみ茶として飲むのが
一般的ですが、傷や水虫には生の葉をもんで患部に貼り付けるとか
花を焼酎に漬けたものを虫刺され薬や化粧水として使うそうです。
効能は、高血圧、糖尿病の予防、胃炎やアトピーなどの炎症軽減、
ニキビ、便秘改善、老化防止と多岐にわたります。
薄毛予防効果もあるとのことですが・・・・「早く言ってよ~」。
                                           (新井)
 それほど嫌な臭いではないですが
sP1060490.jpg 花には花弁がありません

次は八重桜の出番です

階段下の八重桜が見頃になりました。桜はすぐに散ってしまうので、
急いでアップします。小出しにできればよいのですがね・・・・。
                                        (新井)
 ボリュームがあって豪華です
sP1050146.jpg 品種は「関山」です
sP1050118.jpg タンポポにベニシジミが


開花宣言

神社前のソメイヨシノ標本木(勝手に決めました)が今朝5~6輪の花
を開きました。東京に遅れること6日で仙元山の桜開花です。
暖かい日が続きそうなので、来週末を待たずに満開になりそうです。  (新井)
 狛犬と標本木
sP1040400.jpg 狛犬の足元で開花
sP1040384.jpg シュンランも1輪だけ開花
sP1040390.jpg こちらはタチツボスミレ



夏の昆虫Ⅱ

神社の階段横にアゲハ(ナミアゲハ)がじっと止まっていました。
夏型で黒い筋が太く、黄色みがごく薄いので、白黒の蝶のようです。
花壇のヒマワリにはコミスジとオオハキリバチが来ていました。
赤とんぼはナツアカネからアキアカネに変わっていました。    (新井)
sP1230382.jpg 夏型のナミアゲハ♂
sP1230393.jpg ヒマワリとコミスジ
sP1230408.jpg 大型のオオハキリバチ
sP1230411.jpg イチモンジセセリも
sP1230390.jpg 胸の筋が尖ったアキアカネ




プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR