FC2ブログ

カメムシ

9月頃、Tさんが「この虫は何だろう?」と仙元山で撮った昆虫の写真
を送ってきました。 その時は調べても判らず、不明のままでしたが、
一昨日、別の場所で同じ虫を見つけました。これは何としても正体を
突き止めなくてはと、ネットの画像をしらみつぶしに探して、遂にたど
り着きました。アカスジキンカメムシの幼虫でした。成虫は似ても似つ
かない色と形をしているので、成虫しか載っていない図鑑では判るは
ずがありません。 カメムシは成虫になるまでに5回脱皮を繰り返し、
姿が変わるのだそうです。 ネットから借用した成虫の写真と、一昨日
同じ場所で撮った、キバラヘリカメムシの写真を一緒にアップします。
                                           (新井)
アカスジキンカメムシ幼虫 アカスジキンカメムシ幼虫
256131146_624[1] アカスジキンカメムシ成虫
キバラヘリカメムシ幼虫 キバラヘリカメムシ幼虫
キバラヘリカメムシ成虫 キバラヘリカメムシ成虫

ハキダメギク

山裾の休耕畑一面に5mm程の小さな白い花が咲いています。
Nさんに「タカサブロウだ」と教えてしまいましたが、花の形が違います。
ハキダメギクでした。アメリカ原産の外来種で、大正時代に牧野富太郎
博士が掃き溜めで発見したのでこう命名されたとのことです。
よく見れば可愛い花なのに、不運としか言いようがないですね。
                                            (新井)
 花期が長く、群生しています
sP1080392.jpg 3裂した舌状花が5枚
sP1070945.jpg タカサブロウはこちらでした 

ジョウビタキ

秋の鳥エゾビタキを見ることができないまま日が過ぎて、冬鳥の
ジョウビタキがやって来ました。今年の一番乗りはつぶらな瞳が
可愛いおジョウ様です。去年より1日早い出会いでした。
                                           (新井)
 高い所に上がってしまいました

リース作り準備

仙元山創作クラブは、年2回「自然塾」という催しを開催しています。
子供たちを集めて、春はどんぐりクラフト、秋はクリスマスリース作り
を行うもので、今秋は11月11日に「深谷えん旅」の一環として実施
します。今日はその準備で、リースの土台を作りました。
グランド脇の柳を剪定して、その枝で丸い輪を作ります。
当日はこれに松ぼっくりなどを飾り付け、リースを完成させるのです。
既に松ぼっくりの塗装などの準備は済んでいますが、バラの花に似
ているのでシーダーローズといわれるヒマラヤ杉の松ぼっくりが特に
人気があり、取り合いになるので多めに用意しました。
                                           (新井)
sP1080328.jpg 柳の剪定作業
sP1080335.jpg 切った枝
sP1080361.jpg これで土台完成
sP1080346.jpg 今日明日で30個程作ります
sP1080350.jpg シーダーローズ(松の薔薇)

倒木撤去

神社の石段に倒れ掛かっていた倒木の撤去作業が行われていました。
階段途中まで重機が入っていたので、どうやって入ったのか、キャタピラー
の轍をたどってみると、道路から斜面をよじ登り、段差の小さい階段も乗り
越えて、石段の側道を下って入っていました。
さすが世界の「KOMATSU」たいしたものです。
                                            (新井)
 掴むアタッチメントを付けた重機
sP1080313.jpg ここから上って
sP1080300.jpg この階段を越えて
sP1080301.jpg ここを下って行きました
sP1080320.jpg 撤去終了



 
プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR