FC2ブログ

イチヤクソウその後

発見から3日、もう少し草丈が伸びるのかなと見ていたら、20cm
程しかいかずに、花が落ち始めました。 下向きに咲く花は大きく
開いて、特徴的な大きい曲がった雌しべがよく見えます。
全草を陰干ししたものは「鹿蹄草(ロクテイソウ)」と呼ばれ、生薬と
して用いられるのだそうです。 「一薬草」という名も「良く効く薬草」
という意味で名付けられたようです。
東京都では絶滅危惧種に指定されているそうで、こんな路端に生
えているのは珍しいようです。 来年も咲きますように。

sP1160980.jpg 下の方の花が落ちました
sP1160970.jpg 湾曲した雌しべに、雄しべが10本
sP1160965.jpg クマバチが吸蜜に来ました
sP1160927.jpg キビタキまだいました



イチヤクソウでした

Nさんが「この花は何でしょう?」と、見つけた場所に連れて行って
くれました。スズランのような白い小さな花ですが、初めて見る花
です。そもそも私、植物に詳しいわけでも何でもないのです。
仙元山を歩いている人は、詳しい人も多いので、訊ねてみますが、
皆さん分からないとのことです。とりあえず調べることにしました。
ネットで「スズランに似た花」で画像を検索したら、約1340万件と
出ました。こりゃだめだと、「スズランに似た白い草花」でやり直した
ら約24万件になりました。まだ多いけど片っ端から画像を見ていき
ます。1時間程で似た花を見つけました。イチヤクソウ(一薬草)の
ようです。検索しなおすと間違いありません。まだ咲き始めのようで
もっと花茎が伸びて、花弁も開くようです。
近くの笹に蛾が止まっていました。ユウマダラエダシャクです。こちら
は図鑑ですぐ分かりました。
sP1160806.jpg スズランみたいに見えます
sP1160808.jpg 壺型でなく花弁が5枚
sP1160821.jpg 葉が特徴的
sP1160827.jpg ユウマダラエダシャク



ネジキとスイカズラ

Tさんが「ネジキの花が咲いた」と案内してくれました。ネジキと
いう木も知らなかったし、いつも歩いている路なのに、こんな花
が咲いているのも気が付きませんでした。
成長につれて幹が捻じれていくので「捻木」だそうです。
正面階段の横にはスイカズラが咲きました。花の付け根に蜜が
溜まっていて、子供たちがそれを吸ったので「吸葛」です。
白い花が時間が経つと黄色になるので「金銀花」とも言います。

 釣鐘形の可憐な花です
sP1160758.jpg 樹皮が薄く剝がれるのも特徴
sP1160768.jpg なるほど「金銀花」

カッコウ

先週カッコウの声を2度聞きました。2度とも声を頼りに探しましたが、
すぐに鳴き止んでしまい、見つけられませんでした。その後声は聞こ
えません。仙元山では初なので、「いわちゃんの仙元山野鳥図鑑」に
79種目として追加しました。見てね。 
先日のトケンはホトトギスかツツドリか分かりませんでしたが、カッコウ
は眼が黄色いので、顔が見えれば鳴かなくても識別できます。
エゴノキの花がたくさん落ちています。9弁の花を見つけて、以前に
一生懸命10弁の花を探したのを思い出しました(2015年5月に掲載)。

 北海道のカッコウです
sP1160678.jpg 雨に濡れたエゴノキの花
sP1160665.jpg フタリシズカが咲いています
sP1160686.jpg ビッグタートルのヤマボウシ
sP1160690.jpg キツネアザミはあちこちに



可哀そうな名前

これまでも可哀想な名前の野草をいくつか取り上げてきましたが、
これもワースト10に入りそうですね。 ヤブジラミ(薮虱)です。
実に目立たない小さな白い花ですが、実にトゲトゲがあり、衣服
などにくっ付いて散布されるので、虱に例えられたようです。
私の選んだ可哀想な名前ワースト10は以下の通りです。
①ヘクソカズラ ②ハキダメギク ③ブタクサ ④オオイヌノフグリ
⑤ボロギク ⑥ママコノシリヌグイ ⑦ヌスビトハギ ⑧ワルナスビ
⑨ドクダミ ⑩ヤブジラミ  
 
 花は直径2㎜程
sP1160617.jpg もう果実ができています
17[1] ダントツ1位、ヘクソカズラ


プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR