FC2ブログ

ヒサカキ

神社のヒサカキが沢山の実を付けました。鳥たちには格好の食事
処で、特にメジロの好物であるらしく、群れで集まって来ます。
冬も葉を落とさない常緑樹には霊力があるとされ、中でもサカキは
古くから神事に用いられて、神の木「榊」の字が当てられました。
ヒサカキはサカキが生育しない関東以北で、サカキの代用とされた
もので、榊に非ずとして「非榊」あるいは、葉が榊より小さいことから
「姫榊」と名付けられたようです。
今では代用品のヒサカキをサカキと呼ぶ地方も多く、深谷もそのよう
で、仙元山には両方あるのですが、神棚に供える為に採っていく人
を見ていると、例外なくヒサカキを持っていきます。
                                           (新井)
 サカキ(右)とヒサカキ(左)
sP1080878.jpg ご馳走に埋もれて幸せ!
sP1080896.jpg 嘴で咥えて・・・
sP1080897.jpg 丸吞みします
sP1080870.jpg シメは隣りでカエデの種を



 

シロハラ

神社でジョウビタキ♀を見つけて追いかけていたら、シロハラが
出てきました。ジョウビタキには逃げられましたが、シロハラは
何とか撮れました。実は、脇腹の赤味が強い個体だったので、
「アカハラだ!」と思って撮っていました(汗)。お恥ずかしい。
ツグミ、ヤマガラ、カワラヒワ、メジロなど、この寒波でやっと少し
増えてきたようです。
                                        (新井)
 声は何度も聞いていましたが
sP1080778.jpg 今季2羽目のツグミ
sP1080738.jpg カシラダカはいつも5羽でいます


探鳥会

好天の今日、日本野鳥の会埼玉主催の仙元山探鳥会がありました。
冬鳥が異常に少ない年なので、どうなるかと心配でしたが、スタート
の唐沢川でカワセミやキセキレイが見られ、仙元山でも少ないながら
オオタカ、アカゲラ、コジュケイなどが出てくれて、格好がつきました。
                                           (新井)
 参加者28名
sP1080713.jpg 残り柿を啄むメジロ

ロウバイ

大晦日です。年越しの準備で忙しいのか、ウォーキングの人も
まばらです。鳥も相変わらずまばらです。
ロウバイが咲きました。4本ある木のうち数日前から咲いている
のは、花全体が黄色く花弁が丸い、早生種の「満月蝋梅」です。
隣は開き始めたばかりですが、花の中心が赤紫で花弁の先が
やや尖っている基本種「和蝋梅」のようです。残り2本はまだ蕾
ですが「和蝋梅」でしょう。これから2月頃まで楽しめそうです。
                                        (新井)
 満月蝋梅、全体が黄色
sP1080702.jpg 和蝋梅、中が赤紫色
sP1080709.jpg 神社は初詣客を待つばかり

初ツグミ

遂にツグミと出会いました。何とも異例の遅い到着ですが、まあ年内
に見られて良かったです。
                                           (新井)
 1羽でじっとしていました
sP1080662.jpg 畑にはいつものモズが

プロフィール

コジュケイ

Author:コジュケイ
 「本クラブの目的は、仙元山の植物・動物・昆虫などの自然の魅力を大切に残して、多くの人が安全・快適に楽しめるようにし、自らも仙元山で学び・働き・楽しむためにボランティアとして活動することとします。併せて会員の親睦を図ります。」(会則より)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR